2017年6月3日土曜日

「庭園」展



パリのグラン・パレで開催中の、<庭園>をテーマにした展覧会は、庭園芸術の歴史や植物史など、美術と庭園が関わってきた歴史を包括的にまとめた意欲的な展覧会だ。紀元1世紀前半に描かれたポンペイの壁画から現代アーティストのインスタレーションまで、幅広い年代に亘る絵画、彫刻、写真、素描、フィルム作品など、さまざまな作品で構成されている。
聖母マリアの庭
画家たちが庭園を描くようになったのは中世時代に遡る。旧約聖書の雅歌を典拠とした聖母マリアの処女性を表す「閉ざされた庭Hortus Conclusus」を修道院の庭に見立て、そこに聖母マリアの象徴である白ユリや野イチゴなどのほか、薬として使用されるハーブなど有用な植物を描いた。

Illustration© Rmn-Grand Palais, Paris 2017
植物園の始まり
「閉ざされた空間」であった庭園が大きく変化したのがルネサンス期である。実用目的で栽培されていた植物が科学的な研究対象となり、網羅的に観察・収集されるようなった。1545年には探検家たちによって発見されたさまざまな植物に彩られた最初の植物園がパドヴァに創設された。造形が美しく珍しい植物が繁茂する植物園は芸術家たちに新たな景色を提供し、創作意欲を刺激した。

芸術家、園芸家、造園家が創った庭
本展では、庭園を描いた最古の絵画とされるポンペイの壁画からはじまり、デューラーやモネ、セザンヌ、ピカソなどの絵画作品、クレーの植物標本、さらには各地の土を採取した日本人アーティスト栗田宏一のインスタレーションなどが展示され、花や果実の標本サンプルを乾燥した庭園を作り出したエリア、庭園の設計図を展示したエリアなど、庭園にまつわる多彩な作品を楽しむことができて面白い。



「庭園」展は7月24日まで(火曜日休館)

※ 展覧会のキュレーターLaurent Le Bon氏による展覧会ガイドはこちら(英語の自動翻訳が可能です)
グラン・パレ Grand Palais
3 Avenue du Général Eisenhower
75008 Paris, France
http://www.grandpalais.fr/en
開館時間:
日、月、木曜日 10:00-20:00
水、金、土曜日 10:00-22:00
休館日:
火曜日

2017年5月22日月曜日

号外!!「大エルミタージュ展」六本木で開催中!

ティツィアーノ・ヴェチェッリオ《羽飾りのある帽子をかぶった若い女性の肖像》1538年 油彩・カンヴァス
©The State Hermitage Museum, St Petersburg, 2017-18


世界の三大美術館の一つといわれるエルミタージュ美術館。その常設展示作品から、選りすぐりの名画85点が、現在、東京・六本木の森アーツセンターギャラリーで展示されています。エカテリーナ2世や歴代皇帝が集めた16世紀~18世紀のヨーロッパ絵画の真髄をぜひ、この機会にお楽しみください。

詳しくは、展覧会公式HPをご覧下さい。
http://hermitage2017.jp


同展覧会は、東京のあと、名古屋、神戸に巡回します。
東京展:森アーツセンターギャラリー 2017年6月18日(日)まで。
名古屋展:愛知県美術館  2017年7月1日(土)~9月18日(日/祝)
神戸展:兵庫県立美術館  2017年10月3日(火)~2018年1月14日(日)

2017年4月4日火曜日

世界巡回展「フェルメールと風俗画の巨匠たち」

Johannes Vermeer, The Milkmaid, ca. 1657-1658. Oil on canvas. 45.5 x 41 cm. Amsterdam,
Rijksmuseum © Amsterdam, The Rijksmuseum

2017年でもっとも話題を呼ぶであろう世界巡回展「フェルメールと風俗画の巨匠たち」がパリのルーブル美術館で始まった。この展覧会では《牛乳を注ぐ女》(fig.1)《天秤を持つ女》《信仰の寓意》をはじめ、現存するフェルメール作品のうち約三分の一にあたる12作品が展示される。フェルメール作品を含む世界有数のオランダ風俗画コレクションを所蔵するルーブル美術館、アイルランド国立絵画館、ワシントン・ナショナル・ギャラリーの3館によって企画され、それぞれの美術館で順次開催される。

17世紀オランダ、作品鑑賞の愉しみ方
17世紀半ば、オランダは黄金時代とよばれる経済的にも文化的にも成熟した時代を迎えた。裕福なオランダ市民たちは絵画を購入して自宅に飾ったり、友人や美術愛好家が集まって作品を比較してそれぞれの画家の特徴や共通する主題や構図、他の画家から受けた影響などについて語り合ったりして愉しんでいた。フェルメールの作品もそのように愉しまれていた作品のひとつであった。


オランダ風俗画のなかのフェルメール
展覧会「フェルメールと風俗画の巨匠たち」ではフェルメールと同時代の画家たちを同列に並べてオランダ風俗画の文脈の中で改めてフェルメールを捉えなおす試みがなされている。フェルメールは確かに素晴らしい作品を残した画家であるが、実際には宗教画や戦争画などの偉大で伝統的なテーマから脱し、運河沿いの裕福な商人の日常生活などを描いた多くのオランダ人画家のうちのひとりであった。展覧会場では、17世紀の美術愛好家がしていたように、フェルメールと同時代のライバルたちが相互に与えた影響を観て取れる。

フェルメールの特異性
フェルメールと同時代の画家の作品を丁寧に観ていくと、彼の作品の特異性が明らかになる。フェルメールが用いた色彩はほかの画家たちよりも光をはらみ、清新な雰囲気を作り出している。その色彩によって、フェルメールはほかの画家と一線を画しているのだ。

フェルメール出品リスト(制作年順)
  1. 《牛乳を注ぐ女》1657-1658年頃、アムステルダム国立美術館
  2. 《リュートを調弦する女》1662-1664年頃、メトロポリタン美術館
  3. 《真珠の首飾りの女》1663-1664年、ベルリン絵画館
  4. 《天秤を持つ女》1664年頃、ワシントン・ナショナル・ギャラリー
  5. 《手紙を書く女》1665年頃、ワシントン・ナショナル・ギャラリー
  6. 《天文学者》1668年、ルーブル美術館
  7. 《地理学者》1669年、シュテーデル美術館、フランクフルト
  8. 《レースを編む女》1669-1670年頃、ルーブル美術館
  9. 《手紙を書く夫人と召使》1670年頃、アイルランド国立絵画館
  10. 《信仰の寓意》1670-1672年頃、メトロポリタン美術館
  11. 《ヴァージナルの前に座る若い女》1670-1672年頃、ライデン・コレクション
  12. 《ヴァージナルの前に座る女》1671-1674年頃、ロンドン・ナショナル・ギャラリー


「フェルメールと風俗画の巨匠たち」
  - 2017年2月20~2017年5月22日 ルーブル美術館(※事前予約が必要です)
  - 2017年6月17日~2017年9月17日 アイルランド国立絵画館
  - 2017年10月22日~2018年1月21日 ワシントン・ナショナル・ギャラリー
ルーブル美術館では「フェルメールと風俗画の巨匠たち」展とともに、「レンブラントの時代―ライデン・コレクション」展と「日常を描く―黄金時代のオランダ」展が同時開催されている。

Musée du Louvre
75058 Paris
France
http://www.louvre.fr/jp
開館時間:
月・木・土・日曜日 9:00-18:00
水・金曜日 9:00-21:45(夜間開館)
休館日:
毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日

2017年3月4日土曜日

パリ・オランジュリー美術館にて 「ブリヂストン美術館の名品−石橋財団コレクション展」開催

Fig.1
ピエール=オーギュスト・ルノワール
《すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢》
1876年 石橋財団ブリヂストン美術館蔵

ブリヂストン美術館で知られる石橋財団コレクション展が2017年4月5日から8月21日まで、4カ月あまりにわたって、パリ・オランジュリー美術館で開催される。オランジュリー美術館とオルセー美術館とは、2012年に両館が企画した「ドビュッシー、音楽と美術展」をブリジストン美術館で開催し、こうした縁からフランス側の提案で実現に至った。

コレクションの共通点
石橋財団のコレクションはブリヂストンの創業者・石橋正二郎のコレクションから始まり、一方、オランジュリー美術館は画商であり美術収集家であったポール・ギヨームのコレクションが重要な位置を占めている。二人のコレクターには、素晴らしい作品を広く一般に公開して芸術に寄与したいという情熱が共通している。

初の海外出品《海の幸》
初めて海外に貸し出される青木繁《海の幸》やフランスで学んだ藤島武二《黒扇》といった日本人画家が描いた近代洋画をはじめ、ルノワールの《すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢》(fig.1)やピカソ《腕を組んですわるサルタンバンク》など印象派から戦後の抽象絵画まで76点が出品される。
日仏の美術の響き合い
オランジュリー美術館のために《睡蓮》の連作を制作したモネに象徴されるように、印象派の画家たちは日本美術、とくに浮世絵に大きな影響を受けた。そして印象派を含めフランスの絵画は日本の美術に大きな影響を与えた。今回の展覧会では、日本とフランスの美術の間に起った影響の呼応が注目されるであろう。
東京・京橋にあるブリヂストン美術館は新美術館建設のため現在休館中で、2019年秋に開館を予定している。

「ブリヂストン美術館の名品−石橋財団コレクション展」展は4月5日(水)~8月21日(月)まで(火曜日、5月1日、7月14日午前中、12月25日休館)
オランジュリー美術館 Musée de l'Orangerie
Jardin des Tuileries
75001 Paris, France
http://www.musee-orangerie.fr/en
開館時間:
月、水曜日~日曜日 9:00-18:00
休館日:
火曜日、5月1日、7月14日午前中、12月25日

2017年2月6日月曜日

「モンドリアンからダッチ・デザインへ、デ・ステイルの100年」



本年2017年は、モダン・アートとモダン・デザインにとって重要な雑誌「デ・ステイル(De Stijl)」が創刊されてから100年の節目となる。それを記念し、オランダ各地でデ・ステイルの中心人物ピート・モンドリアンからダッチ・デザインまでの流れを読み解く展覧会やイベントが開催されはじめた。

1917年のデ・ステイル
モンドリアンは自然を最も根源的な原理までさかのぼることによって、垂直線と水平線の構図に赤・黄・青の三原色を組み合わせるというそれまでにない美学に達した。彼は、この原理に基づいて多くの作品を残すとともに、テオ・ファン・ドゥースブルフと雑誌「デ・ステイル」を創刊した。そこにはモンドリアンの美学に賛同した画家や建築家、デザイナーら、美術の分野を超えた芸術家たちが集った。彼らは美術作品のほかに家具や家庭用品、住宅、さらには都市計画を行い、モンドリアンの美学は日常生活の中へと浸透していった。

2017年のダッチ・デザインというスタイル
90年代において、オランダのデザインの潮流は世界のデザインに新しい流れを作り出し、ダッチ・デザインと名付けられた。彼らはデ・ステイルのリートフェルトに倣い、工場生産品に美術作品のような個性や作家性を与え、多彩な色遣いや様々な素材を組み合わせて実験的な取り組みを行った。ダッチ・デザインの立役者であるデザイン集団「DROOG(ドローグ)」は、現在もデザイン界を牽引している存在だ。デ・ステイルの芸術家たちが起こした変革が、今日のオランダ・モダン・デザインのアーティストたちのなかにも脈々と受け継がれている。


|| |||| ||||| || |||| ||||| || |||| ||||| || |||| ||||| || |||| ||||| || |||| ||||| || |||| ||||| || ||||

「モンドリアンからダッチ・デザインへ-デ・ステイルの100年」
主な関連イベント(開催日順)


「モンドリアンとデ・ステイル」展 
通年、デン・ハーグ市立美術館

シュレーダー邸
通年、ユトレヒト中央美術館

ヴィラ・モンドリアン
通年、ヴィンタースヴァイク(ヘルダーランド州)

「アムステルダム市立美術館のデ・ステイル」
現在開催中、5月21日まで、アムステルダム市立美術館

「リートフェルトの傑作」展
3月4日~6月11日、ユトレヒト中央美術館

「ピート・モンドリアンの世界」展(常設展示)
3月7日から、モンドリアンハウス、アーメルスフォールト

「モンドリアンの発見」展
6月3日~9月24日、デン・ハーグ市立美術館

「デ・ステイルの建築とインテリア」展
6月10日~9月17日、デン・ハーグ市立美術館

「DROOG」展
9月23日~12月3日、ユトレヒト中央美術館

||||| || |||| ||||| || |||| ||||| || |||| ||||| || |||| ||||| || |||| ||||| || |||| ||||| || |||| |||||


*詳しくは下記をご参照ください。

モンドリアンとデ・スタイル100周年(日本語):https://www.hollandflanders.jp/markt/8998/

イベントスケジュール(PDF、オランダ語):http://www.holland.com/mtdd/MDD_agenda.pdf



2017年1月23日月曜日

杉本博司―ブラック・ボックス

美術館外観写真
オランダのアムステルダムにて、杉本博司の写真展「ブラック・ボックス」が開催中である。杉本博司は1970年からニューヨークを拠点として活躍し、大型カメラを用いた精緻な写真表現で国際的に高い評価を得ているアーティストだ。


写真はタイムマシン
展覧会は「海景」のシリーズから始まる。静かに降り注ぐ光と波によってかろうじて判別できる海。人類が誕生するはるか昔より続いてきた景観だ。杉本はカメラを「タイムマシン」と呼ぶ。「海景」や、書き割りの前においた動物の剥製を撮影した「ジオラマ」では古代の情景を写し出し、「ヘンリー八世」では16世紀にホルバインが描いた肖像画をの人物を再現し、写真の発明者の一人であるフォックス・タルボットらが行った実験を再現した「放電場」では我々に19世紀の大発見を目の前に提示する。



織り込まれた時間
眼では追いきれない一瞬をとらえてきた写真において、杉本は時間の流れを織り込んだ。映画館で上映中シャッターを開き続け、映画一本分の時間の光を写し取った「劇場」のシリーズである。人間の眼とカメラの構造はほとんど同じだが、人間は映画のストーリーを記憶し、カメラではストーリーは消え去り、光に照らされた劇場の様子を記録する。
杉本の作品は、洗練された丹念な職人的な技術によって、静謐な光の中で時間を内包しながら穏やかに煌めいている。

「杉本博司-ブラック・ボックス」展は3月8日まで(会期中無休)


Foam Museum
Museumeiland 1
Keizersgracht 609
1017 DS Amsterdam
The Netherlands
https://www.foam.org
開館時間:
月曜日~日曜日 10:00-18:00(木・金曜日は21:00まで)

休館日:
なし

2016年12月20日火曜日

「ロダン―天才の実像」


Overview museum, Photo: Ralph Richter,
© Groninger Museum

《地獄の門》や《考える人》などの作品で知られるオーギュスト・ロダンは、革新的な実験や大胆な造形力によって20世紀彫刻への流れを切り拓き、近代彫刻の父と称される。オランダのフローニンゲン美術館で開催中の「ロダン―天才の実像」では、140点以上の作品を展示し、ロダンの創造の秘密を解き明かす。
神の手、ロダン
展覧会は「神の手」と名付けられた部屋から始まる。部屋の中央には、今まさに神が人類を創造しようとする瞬間を切り取った《神の手》が置かれ、壁一面にはロダンのアトリエを撮影した写真が貼られている。このアトリエでは神の手をもつロダンを支えるために、50人以上のアシスタントが働いていた。

素材の違い
会場には大理石像や、石膏像、ブロンズ像、陶器でできた像など様々な素材の作品が並んでいる。同じテーマを扱った作品でも、素材と加工の仕方によって受ける印象が変わる。《エヴァ》(fig. 1)は《アダム》とともに《地獄の門》のわきに設置する巨像のために計画された。ブロンズ像の《エヴァ》では腕を体に巻き付けて身を捩る造形の面白味が強調され、大理石像では女性の柔らかな肌の肌理や肉体の曲線が際立つ。


フローニンゲン美術館
フローニンゲン中央駅正面に建つフローニンゲン美術館は、イタリア人建築家のアレクサンドロ・メンディーニをはじめとした四人の建築家がデザインしたひときわ目を惹く建物。多彩な芸術作品が展示されていて、地元の芸術家集団「デ・プルグ」の作品、中国や日本の陶器のコレクションなどが世界的に有名である。





フローニンゲン美術館 Groninger Museum
Museumeiland 1
9711 ME Groningen
The Netherlands
http://www.groningermuseum.nl/en
開館時間:
火曜日~日曜日 10:00-17:00

休館日:
毎週月曜日及び1月1日、4月27日、12月25日